廃車に掛かる料金は以外と高い|極限まで安くする方法

車

売買するなら

笑顔の女性

Be-1を中古で購入するのなら、いろんなお店に行って細かく条件を伝えておくことで、こちらの買う気を示せます。売る時も同様に、一社でも多くのところで査定を受けたいですが、インターネットを使っておくという手もあります。

More...

自動車の買取

駐車場

人気車種であるテラノレグラスであれば、中古車としての評価が高くなります。事前に修理したうえで、中古車買取店に買取を依頼するといいでしょう。また、インターネット上で人気な査定サイトも便利なので、上手に活用してください。

More...

車の賢い処分法とは

カギ

車を乗り換えようとした場合、現在使用している車は処分しなければなりません。その方法は大きく分けて2種類あり、査定がつく車なら中古車屋に引き取ってもらうか、そうでない場合は廃車という手段をとることになります。自分で廃車手続きをする場合は必要な書類を集めたり、車体の処分方法を探したりと色々な手間と料金がかかります。しかし、ある工夫をすることでその面倒な手続きや費用を減らすことが可能です。それは、廃車買取業者に頼むということです。普通の中古車屋では査定がつかず引き取ってもらえない古い車でも廃車買取業者なら原則的に料金はかからず無料で引き取ってくれます。車の程度によってはいくらかのお金をもらうこともあります。書類手続きも代行してくれるので簡単に車を処分したい方におすすめです。

業者に頼らず自分で廃車手続きを行う場合にはいくつかの注意点があります。家電などで有名なリサイクル料金ですが、実は車を処分する際にもかかります。車のリサイクル法は2005年より始まっていて、それ以降に購入した車の場合にはすでに料金に含まれているので問題はありません。しかし2005年以前に購入した車の場合は廃車の際にリサイクル料が別途かかるので、そのことを頭に入れておく必要があります。その他には、車検が一ヶ月以上残っている場合には自動車重量税の還付を受けることができるので、忘れずに手続きを行うことが大事です。車の解体手続きを終えた後、必要書類とナンバープレートを陸運支局に持っていき、申請書を提出すれば還付金を受け取ることができます。

革新的な挑戦のもの

黒い車

日産自動車で2003年まで生産されていたハイトールワゴンがティーノです。ヨーロッパ車のようなスタイルが独自の人気を博していたようです。また大人数が乗れ、扱いやすい大きさから理想的なファミリーカーでもあります。中古車としての価格は結構割安で求めやすくなっています。

More...